ピアニスト、小山実稚恵さん

michie koyama autograph(C)akira kinoshita

日本を代表するピアニスト、小山実稚恵さん。
彼女が取り組んでいる12年間、24回リサイタルシリーズをご存じでしょうか?

2006年に始まったこのシリーズは、
Bunkamura オーチャードホールを舞台に
このあと2017年まで24回に渡って『小山実稚恵の世界』を表現していくという
壮大なリサイタルシリーズです。
プログラムのテーマは毎回彼女自身が設定。
作曲家の記念の年を絡めたり、
それぞれのプログラムに色をイメージしたり、
12年全体でも流れが出るようにこだわっておられるとのこと。

img712.jpg


11月29日には、その18回目となるコンサートが行われました。
今回のテーマは“粋な短編小説のように”。
色彩イメージはオレンジ。
オレンジ色のドレスと、ステージのフラワーアレンジが
聴衆を「小山実稚恵の世界」へ誘います。
最後のアンコールナンバー「愛の夢第3番」が終わると、
満員の聴衆からは大きな拍手とブラボーが飛び交いました。

michie koyama1 (C) akira kinoshita michie koyama2 (C) akira kinoshita

ところで、木之下は、そんな小山さんのデビュー前に知己を得て、
折り合うごとにカメラを向けて参りました。

そんな中、先日、木之下が講演へ向かおうと特急あずさに乗車すると、
なんと同じ車両に小山さんが!!
お互い、偶然に驚きながら、道中を共にすることができました。
木之下も偶然の出会いに喜んでいると、
小山さんはこの時の出会いをエッセイにして
「新潟日報」に書いてくださっていました!

img713.jpg

まさに「ご縁で形作られる人生」
小山さん、素敵なエッセイをありがとうございます。

終盤に差し掛かった小山実稚恵さんの12年間24回シリーズリサイタル。
19回目となる次回は2015年6月27日(土)
Bunkamuraオーチャードホールで行われます。
次回のテーマは“想い出のアルバム”。色彩イメージはくすんだ水色。
次なる「小山実稚恵の世界」はどんな世界でしょうか。
このシリーズは、地方からの熱い要望もあり「音の旅」シリーズとして
地方での公演も行われているとのこと。
「小山実稚恵の世界」はますます広がっているご様子です。
ゴールまで、私達を楽しませてください♪

img711.jpg
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/koyama_recitals/program.html


木之下晃アーカイヴス

スポンサーサイト

クリスチャン・ツィメルマン~Krystian Zimerman~

ピアニスト、クリスチャン・ツィメルマン氏が来日中です。
ドビュッシー生誕150年を記念して、各地で究極のドビュッシーを奏でています。

クリスチャン・ツィメルマン氏の初来日は1978年。
この時から、私は彼と撮影を通して親交を深めてきました。
懐かしい写真と共に、彼とのエピソードを記します。

sZimerman1.jpg
<1978年11月 初来日 虎の門ホールにて撮影>

1981年4月、ザルツブルク祝祭劇場でカラヤンとベルリンフィルの
オーディションを受けているシーン。

karajan + zimerman

1988年11月、ニューヨークのエイブリー・フィッシャー・ホールで
バーンスタインとコンチェルトを奏でている風景。

sZimerman3.jpg

1990年6月には八ヶ岳高原ロッジでファミリーと休暇を共にしたこともあります。

sZimerman2.jpg



1986年、私が銀座の和光ホールで『Dear MAESTROS』という
展覧会を開いたときには、来日中の彼が会場へ駆けつけてくれました。

img776.jpgimg777.jpg

「いつか私にあなたの写真を撮らせてくれますか…」とは氏らしいユーモア!
ステージを離れたツィメルマン氏は、
溢れ茶目っ気たっぷりの楽しい人なのです。

そして去年の春、ドイチェ・グラモフォンから
「クリスチャン・ツィメルマンが、リストの生誕200年に合わせて、
 これまでに録音したリストの音源から新たなCDを作成するにあたり、
 CDのカバーに、ぜひMr.Kinoshitaが撮影した写真を使いたいと
 本人が言っている」と連絡がありました。

そして出来上がったCDがこちら。



アマゾンとリンクをしたのは、
レビューに「ジャケ買いしました!」という、嬉しいコメントがあったからです!

……このCDを購入してしまいました。
きっかけはジャケットの「躍動感溢れる演奏姿」です……
このようにコメントされていました。

この写真はツィメルマン氏も「Flying Zimerman!」と言って
かねてから気に入ってくれている1枚です。

写真家本人がコレと思った1枚を、演奏家も気に入ってくれて、
かつ写真を見た人が、写真から音楽を感じてくれる…
音楽写真家として、大変に嬉しい瞬間です。

Zimerman_00023.jpg
<1990年5月 Bunkamuraオーチャードホールにて撮影>

この1枚は、被写体との良好な関係もあって生まれた1枚かもしれません。

木之下 晃


プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR