fc2ブログ

写真展のお知らせ(やまと芸術文化ホール)

東海市芸術劇場での『寿齢讃歌』写真展に
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
魅力的な作品と出会えたことを、大変嬉しく思っております。

さて、いよいよ
2024年2月23日から、木之下晃の写真展が始まります。

kinoshita-web-1.jpg kinoshita-web-2.jpg

今回の写真展では、木之下が人生を注いで撮影した音楽家の写真と、
ライフワークとして取り組んだポートレイト写真『石を聞く肖像』、
この二つのシリーズを、同時にご覧いただきます。
木之下晃の写真展は、これまで約100回開かれていますが、
このシリーズを同時にご覧いただく展示は、初めてとなります。
音楽家の写真は、ゼラチンシルバープリントで、
『石を聞く肖像』はパネルと映像で、ご覧いただきます。

『石を聞く肖像』は、木之下が河原で拾ったタマゴのような白い石を
芸術家に渡し、そのファーストインプレッションを捉えた、
他にない、ユニークなポートレイトのシリーズです。

つまり、こんな感じ!
木之下の代表作のひとつ、アルフレード・ブレンデル。
Alfred Brendel (c) Kinoshita Akira Archives

演奏を終えたあと、『石を聞く肖像』の撮影をお願いすると……

アリフレッドブレンデル(C)木之下晃アーカイヴス

そこには、信じられないくらいの脱力感が!
このギャップを、あなたにも楽しんでもらいたいです。

☆すべての音楽家のオンとオフを見ていただくのではありません
  オンだけの音楽家やオフだけの音楽家芸術家も☆

そして、もうひとつ。
今回、緊急企画を加えることとなりました。

Seiji Ozawa on BSO (C)Kinoshita Akira Archives

マエストロ、小澤征爾さんご逝去の報を受け、
ぜひとも、写真で故人を悼みたいと関係者全員で話し合いました。
小澤征爾さんと一つ違いの木之下は
30代~40代にかけて、なんと約400回も撮影を重ねておりました。
世界で活躍を始めたエネルギッシュな小澤さん。
フリーとなり志高く撮影に取り組んでいた木之下。
この取り合わせから遺された写真は、
唯一無二のものばかり。
なにぶん、直前でしたので、小さなコーナーとはなりますが、
魅力あふれる指揮姿
世界で活躍する様子
チャーミングなオフショット
ご家族の秘蔵写真、
などを、想いを込めて展示します。

皆さまと共に、写真で故人を悼むことができれば、本望です。
(当ブログでも、マエストロを写真で追悼しました。
 ぜひ、こちらもご覧ください。)
 http://kinoshitaakira.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

思いがけず、3本柱となる今回の写真展。
神奈川県での開催となりますが、
どうぞ皆さま、お出掛けいただけますように。


日 時 2024年2月23日(金・祝)〜2024年3月3日(日)
       10:00~17:00
       ※最終入場は16:30
会 場 ギャラリー
料 金 無料
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806(9時~18時)
https://yamato-bunka.jp/hall/2023/009298.html

皆さまのお越しを心よりお待ちしております
木之下晃アーカイヴス














スポンサーサイト



茅野市美術館『寿齢讃歌18』

『寿齢讃歌18』

230909-280.jpg

茅野市美術館の寿齢讃歌が始まりました。
18回目を迎える今回は、これまでを振り返る
特別な寿齢讃歌となっています。

写真を通してお年寄りに輝いてほしい――。
福祉を学んだ写真家の木之下晃が、そんな想いで始めた寿齢讃歌。

寿齢讃歌18-1

寿齢讃歌18-2

各回から5点ずつ、作品を展示。
選ばれた力作が並んでいるとあって、
作品の迫力が会場へ漂います。
寿齢讃歌の持つ力を再認識することができます。

寿齢讃歌を改めて振り返る企画も。

寿齢讃歌18-3

ここには、木之下が発した言葉があります。
寿齢讃歌への想い、写真への考え方が
写真と共に展示されています。

統計的な展示も。

寿齢讃歌18-4

九州や日本海側の地域が少ないものの、
日本全国から応募があったことがわります。

参加者からのメッセージには、こんな言葉が。
「被写体が人生を語っている」
「年を重ねていくとこを、楽しんでいきたいと思える写真ばかりで、
励まされる」
「最初は恥ずかしがっていた祖母が、写真展の展示が嬉しかったようで
“そろそろ写真を撮る時期だら?”と撮影が毎年の楽しみになった」
「この素敵なイベントが末永く続くことを期待します」

寿齢讃歌が、撮られる人を元気にして、それを見る人にも
力をくれていることを、改めて感じます。

寿齢讃歌18は 9月24日までです!
特別な寿齢讃歌を、ぜひとも、ご覧になってみてください。

会期:2023.09.09(土)〜2023.09.24(日) 10:00~18:00
火曜休館
料金:無料
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2023/0909.html

木之下晃のビンテージプリントの展示もあります。

230909-2-280.jpg

寿齢讃歌写真展の隣にある常設展示室では、
美術館収蔵品の中から、木之下晃の真骨頂「世界の音楽家」のビンテージプリントを
ご覧いただくことができます。
自らの手でプリントした大判の写真は、ここでしかご覧いただけません!
モノクロ写真で表現された、世界の音楽家の迫力を、ぜひともご覧ください。

寿齢讃歌18-5

寿齢讃歌18-6
他の習俗作品と共に鑑賞できるのも、茅野市美術館での楽しみです。
こちらの展示は10月29日までです。
どうぞ、お見逃しなく♪
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2023/0909_2.html


木之下晃アーカイヴス











茅野市美術館『寿齢讃歌』と『世界の音楽家』


9月。
今年も茅野市美術館『寿齢讃歌』の季節がやってまいりました。

230909-280.jpg

寿齢讃歌は、木之下晃が、写真を通してお年寄りを元気にしたいと始めた公募写真展です。
社会では成人となる「18回目」を迎える今回は、
その歩みをみつめる展覧会として、写真公募はせず、
これまでに寄せられた写真のなかから作品を取り上げ、展示することとなりました。
全国各地からこれまでに寄せられた写真は、1,600点以上。
その中から作品を取り上げ、展示します。

関連展示のコーナーでは、これまでの寿齢讃歌を振り返ると共に、
このプロジェクトを提唱した木之下晃自身についても、ご紹介していく予定です。

茅野市美術館の開館と共にスタートした、この寿齢讃歌は、
茅野市美術館サポーターの皆さんが企画制作を担い、市民協働で成長してきました。
木之下晃が目指したように、
お年寄りたちは写真を通して、イキイキと輝くことができたのか、
ぜひ、展示の写真を通して、感じて頂ければ幸いです。

会期:2023.09.09(土)〜2023.09.24(日) 10:00~18:00
火曜休館
料金:無料
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2023/0909.html

さらに!
寿齢讃歌写真展の隣にある常設展示室では、
美術館収蔵品の中から、木之下晃の真骨頂「世界の音楽家」のオリジナルプリントを
ご覧いただくことができます。
自らの手でプリントした大判の写真は、ここでしかご覧いただけません!
モノクロ写真で表現された、世界の音楽家の迫力を、ぜひともご覧ください。
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2023/0909_2.html

230909-2-280.jpg


木之下晃アーカイヴス














木之下晃メモリアル・公募写真展「寿齢讃歌」@ 東海市芸術劇場

木之下晃がライフワークとして立ち上げた公募写真展『寿齢讃歌』
東海市芸術劇場での公募写真展が始まりました!

DSC06232.jpg

パブリックスペースの壁面を使っての展示。
スタッフの皆さんと、1点1点の照明まで、丁寧に展示作業を行いました。

まだまだウイルスの影響もあるでしょうか……
今回、応募件数は減ってしまったものの、
写真の背景が想像できる、素晴らしい作品が集まりました。


DSC06239.jpg

DSC06238.jpg

写真を通して、お年寄りを元気にしたい
お年寄りにカメラを向けることで、輝き続けてほしい
写真を媒体に、被写体と撮影者の間に関係を築いてほしい
人生のマエストロであるお年寄りの人生を記録してほしい

こんな想いのもと行われてきた寿齢讃歌。
応募作品がコンセプトを見事に表現してくれています。

展示は3月19日(日)まで。
知多半島方面にお出かけになりましたら、
ぜひとも、劇場内へもお立ち寄りください!
たくさんのご観覧をお待ちしております。

【展示詳細】
https://www.tokai-arts.jp/performance/sponsor/perform/20608/


木之下晃アーカイヴス








NHK BS『カメラで音楽を撃て』

木之下晃のドキュメンタリー番組
『カメラで音楽を撃て – 写真家・木之下 晃 創造の秘密 – 』を
ご覧くださった皆さま、ありがとうございました。

IMG01857_HDR_resized.jpg

木之下晃の『音楽を撮りたい』と真摯に写真と向き合っていた姿勢を
存分に映し出してくれた番組に、たくさんの感想をいただきました。
番組を通して、木之下の存在を知ってくださった方も多く、
貴重な機会となりました。

番組にもあったように、本人は「被写体との関係性」を大切にしていました。
撮影時、インタビューに応じてくださったお一人、指揮者の佐渡裕さん。
現在は、ウィーンで110年続く名門トーンキュンストラー管弦楽団音楽監督他、
2023年には新日本フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にも就任するなど、
押しも押されもせぬマエストロとして益々のご活躍です。

昨年末、新日本フィルとの第九演奏会の一夜、
開演前の楽屋に呼んでくださり、
「木之下さんには、デビュー前から撮ってもらって、
 ほんとうに、沢山の思い出がある」と話してくださいました。
そして、別れ際に、
「きょうは、木之下さんを思い出しながら、振ります」と一言。
佐渡さんのスタッフの方は、
「佐渡は、近年、自分を振り返る場面が多くなり、木之下さんの話しもよくします。
 佐渡にとって、木之下さんを思い出すということは、原点に返る意味があるんだと思います」と
伝えてくださいました。

<番組でも紹介されていた、デビュー当時の佐渡裕さん>
Yutaka Sado 11

こんなにいい関係を築けていたなんて……。
もちろん、これは佐渡さんのお人柄ゆえですが、
番組のサブタイトル– 写真家・木之下 晃 創造の秘密 –があるとすれば、
こうした写真の背後にある「気持ち」に尽きるのかもしれません。

今回、再放送に関わってくださった
スタジオの渡邉あゆみアナウンサー、写真家小林紀晴さん、
再放送の制作担当、ドキュメンタリー映像作家の寺田靖範さん、
他NHKの関係者の皆さま、ホントウに、ありがとうございました。

木之下晃アーカイヴス















プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR