【追悼】吉田秀和氏、畑中良輔氏逝去

音楽界の巨人、
評論家の吉田秀和氏が5月22日に、
歌手で文筆家の畑中良輔氏が5月24日に逝去された。

日本に音楽写真というカテゴリーが根付く前の1970年代、
新米フリーカメラマンの私を音楽写真家へと導いてくださった、
両氏との思い出をここにつづりたい。


吉田秀和1
吉田秀和氏 1980年 鎌倉雪ノ下自宅にて

吉田秀和氏に初めてお会いしたのは1974年で、
『音楽現代』を発行していた芸術現代社の中曽根松衛社長に連れられて、
鎌倉・雪ノ下のご自宅に伺った時だった。
その後、白水社から刊行された全集の口絵など、
幾度かご自宅へ伺い撮影を重ねた。
また、東京での演奏会の帰途、時折、
鎌倉までの道すがら横浜の私の自宅まで車に同乗させて下さり、
フリーのカメラマンに成り立ての私に
音楽写真について様々なサゼスチョンを下さったことが忘れられない。
「雑誌などの初出はあくまでのスタートで、いかにそれをまとめるか
 初めから考えて撮るといい」
「あなたは映像の人だから、物書きとは違った目線で音楽を捉えること」
など、それは得難い時間であった。


吉田秀和3
吉田秀和氏 バルバラ夫人 木之下  1980年吉田邸庭にて


吉田氏との最大の思い出は、
小澤征爾氏の訪中に同行した折、
吉田氏から誘われて、バルバラ夫人と3人で“万里の長城”“明の十三陵”を訪ねたこと。
バルバラ夫人が日本文学のほか、中国の歴史も勉強されており、
いろいろと教えていただいたことが懐かしい。
そのバルバラ夫人が2003年に亡くなられ氏が夫人の写真を整理されている時に
「木之下さんが写したバルバラの写真が一番いい」と
お電話をくださったこともまた忘れられない。


吉田秀和8バーバラ夫人 万里の長城
吉田秀和氏 バルバラ夫人 1979年万里の長城にて



一方、畑中良輔氏とは、1976年、
私が銀座の和光で『世界の音楽家』の写真展を開いた折に来場され、
初めてお目にかかった。
氏はその写真展の印象を、当時連載されていた『音楽現代』76年4月号の
“荻窪日記”に書いてくださった。
~カンディンスキー・木之下晃そして私~というタイトルで
「音楽写真は音楽と演奏家のかかわりあっている、
 抜き差しならないところでの1枚であって欲しい」
「その曲に対する演奏家のアプローチの方法を分析し抜いた上での、
 真剣勝負の1枚でなくては、演奏家の本質を射抜く一枚は生まれ得ないだろう」
など、それは鋭い展覧会評であった。

また85年に小学館から写真集『世界の音楽家』を刊行した際は、
第3巻の演奏家編に~眼のおそろしさ…~という玉稿を頂戴した。

畑中良輔
畑中氏を写したこの写真は、
氏の80歳の誕生日を記念して開かれた演奏会の折、
開演前にステージで歌っている姿を特別に撮影したもの。


私はこの2人から、音楽写真について、実に多くのことを教えていただいた。

心からの感謝の気持ちとともに、ご冥福をお祈りします。

                                 木之下 晃

スポンサーサイト

寿齢讃歌 写真募集中です

5月20日に行われました
第一回文京塾 ≪写真×建築≫
『写真家 木之下晃フォトトーク~世界の劇場~』は無事終了いたしました。
文京建築会ユースの皆様、第一回開催の講師としてお招きくださり
ありがとうございました。
今回は世界の劇場についてお話ししましたが、
次回8月は日本の劇場についてお話しする予定です。
詳しくはまた後程お知らせいたします。

-----------------------------------------------------------

人生のマエストロ- 寿齢讃歌 写真展Ⅶ
現在、作品募集中です!

img578.jpg

木之下がライフワークとして関わる、
寿齢讃歌の写真展が7回目を迎えます。
この写真展は応募者、講師、サポーターが共に作り上げてきたもので、
今年も、おおむね80歳以上の方々を撮影した写真を現在募集中です。
人生を積み上げた高齢者の奥深い表情や、
生活を営む姿をとらえた力作をお待ちしております。
応募された全ての写真は、茅野市美術館に展示され写真集として残されます。
カメラを向けることで、おじいちゃん、おばあちゃんの表情が輝く
という話を毎年耳にします。
写真を通して、高齢者の方が、より元気に輝いてくれたら…
写真に写るおじーちゃん、おばーちゃんを見て、私たちも元気になれたら…
そんな想いを胸に、今年もたくさんの作品との出会いを楽しみにしております。

■応募資格
年齢、性別、国籍、プロ・アマチュアの別を問いません。
■応募期間
2012年5月2日(水)~5月31日(木)
■応募方法
茅野市民館事務室窓口にて参加費を納めていただき、作品を提出してください。
窓口に提出できない場合は作品を厚紙等に挟み折れないように送付してください。
その際、参加費は下記の郵便振替口座にお振込みください。(手数料はご負担ください)
【口座番号0500-8-57140  加入者名 株式会社 地域文化創造 】
■参加費
作品1枚の場合 2,000円  2枚の場合 3,000円 (作品集1冊含む) 
■講評会
2012年6月30日(土)
講師:木之下晃 於:茅野市民館コンサートホール
■写真展
2012年9月15日~9月30日 於:茅野市美術館企画展示室

詳しくは茅野市美術館のこちらのページをご覧ください。
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/0502/index.htm
沢山のご応募をお待ちしております。

-----------------------------------------------------------

~木之下晃最新刊『最後のマリア・カラス』好評発売中~
こちらからもお求めいただけます

寿齢讃歌

5月13日に開かれました
日本福祉大学主催『指揮者・佐渡 裕~夢がかなうまで』は
お陰様で大盛況のなか、終了いたしました。
大きな会場を埋め尽くす、沢山の方にお集まりいただきましたこと、
お礼申し上げます。
やはり、佐渡さんは素敵な方でしたね!

さて、引き続き、お知らせです。

人生のマエストロ- 寿齢讃歌 写真展Ⅶ

img578.jpg

木之下がライフワークとして関わる、
寿齢讃歌の写真展が7回目を迎えます。
この写真展は応募者、講師、サポーターが共に作り上げてきたもので、
今年も、おおむね80歳以上の方々を撮影した写真を現在募集中です。
人生を積み上げた高齢者の奥深い表情や、
生活を営む姿をとらえた力作をお待ちしております。
応募された全ての写真は、茅野市美術館に展示され写真集として残されます。
カメラを向けることで、おじいちゃん、おばあちゃんの表情が輝く
という話を毎年耳にします。
写真を通して、高齢者の方が、より元気に輝いてくれたら…
写真に写るおじーちゃん、おばーちゃんを見て、私たちも元気になれたら…
そんな想いを胸に、今年もたくさんの作品との出会いを楽しみにしております。

■応募資格
年齢、性別、国籍、プロ・アマチュアの別を問いません。
■応募期間
2012年5月2日(水)~5月31日(木)
■応募方法
茅野市民館事務室窓口にて参加費を納めていただき、作品を提出してください。
窓口に提出できない場合は作品を厚紙等に挟み折れないように送付してください。
その際、参加費は下記の郵便振替口座にお振込みください。(手数料はご負担ください)
【口座番号0500-8-57140  加入者名 株式会社 地域文化創造 】
■参加費
作品1枚の場合 2,000円  2枚の場合 3,000円 (作品集1冊含む) 

詳しくは茅野市美術館のこちらのページをご覧ください。
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/0502/index.htm

沢山のご応募をお待ちしております。

-----------------------------------------------------

こちらは、間もなくの開催です!!

文京建築会ユース主催 第一回文京塾 ≪写真×建築≫
『写真家 木之下晃フォトトーク~世界の劇場~』

フォトトーク

■2012年5月20日(日)18:30~20:30
駒込地域活動センター多目的室
会費 1000円
参加ご希望の方は、氏名、連絡先、参加人数を明記の上
FAXもしくはE-mailにて下記宛先へ送付ください
FAX:03-3868-2270
E-mail:bunkyojyuku2012@gmail.com

世界最古の劇場、アテネのディオニューソス劇場から始まって
現役最古のエピダウロス劇場、最古の馬蹄型劇場サッビオネータ劇場など、
歴史的な劇場をだどって、オペラハウス発展の歴史を見ていきます。
(写真/右はサッビオネータ・テアトロ・オリンピコ)
劇場の撮影をライフワークとしている木之下ならではのお話しをお届けします。

すでに100名近くの参加希望を頂いていると聞いております。
当日皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

-----------------------------------------------------


~木之下晃最新刊『最後のマリア・カラス』好評発売中~
こちらからもお求めいただけます





プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR