【追悼】諏訪根自子氏

戦前から国際的に活躍したバイオリニストの諏訪根自子さんが
今年3月、92歳で逝去されていたことが、近親者によって明らかにされました。

Suwa Nejiko1

彼女は、私が音楽家を撮り出した70年代には、すでに外交官夫人として海外に赴任、
現役を退いておられました。

それでも、その後、演奏活動を再開され、
1983年4月21日には東京文化会館小ホールで久しぶりにリサイタルを開催。
実は、これは、彼女の公開での最後の演奏会となるのですが、
幸運にもこのリサイタルを撮影することができました。
あまり大きく告知されていなかったにもかかわらず、
会場は往年のファンで埋め尽くされていたのをよく覚えています。

Suwa Nejiko2

当時、63歳。
気品溢れる演奏姿の写真で伝説のバイオリニストを追悼し、
ご冥福をお祈りします。

Suwa Nejiko3

【訂正】
1983年の演奏会が諏訪氏の最後の演奏会と記したのは、
間違いであることがわかりました。
翌年1984年にもピアノトリオとの共演でステージに立っていらっしゃったとのことです。
訂正いたします。

木之下 晃


スポンサーサイト

寿齢讃歌

今年も『人生のマエストロ 寿齢讃歌~写真展』が始まりました。

DSC02215.jpg
左から
日本福祉大学・加藤幸雄学長
茅野市・立石良忠副市長
木之下晃
サポートC・美遊com. 吉田和恵氏
茅野市美術館・辻野隆之館長


↑開会式の写真です。
加藤学長はわざわざ愛知から駆けつけてくださいました。
日本福祉大学は寿齢讃歌のプロジェクトに協賛してくださっているのですが、
なんと学長は、自らの作品で写真展にも応募!
学生想いで大変スマートな学長、写真の腕も素晴らしいんです。
もちろん、学長の写真も展示されていますので、皆さまご覧くださいね。

こうして、みなさまのおかげで、寿齢讃歌も7回目を迎えることができました。
プロジェクトにかかわって下さっている皆様、本当にありがとうございます。

DSC02236.jpg

↑会場の様子。こんな素敵な展示になりました。
会期は9月30日までです。
お近くの方、ぜひ、足を運んでみてください!

■会期:2012年9月15日(土)~30日(日)
■会場:茅野市美術館 企画展示室 
■開館時間:10:00~18:00 (初日は10:00から開展式を行ない、終了次第開場)
■休館日:毎週火曜日 
■入場無料
■主催:茅野市美術館、茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
■企画制作:NPO法人サポートC 美遊com.
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/0502/index.htm

★寿齢讃歌は、カメラを向けることでお年寄りに元気になってもらいたいと
 木之下がボランティアで茅野市の皆さんと取り組んでいるプロジェクトです

ありがとうございました

写真展『山田一雄・音と人』にお越しくださった皆様、
暑い中のご来場をありがとうございました。

今回、ホールのホワイエを使った展示という試みで、
ホワイエへのアプローチが複雑だったり、
開場時間が不規則でわかりにくかったり…
色々と案内不足がありましたことを、お詫びいたします。

今回の写真展の一般公開は、9日に行われたメインイベント
グレート・アーティスト・シリーズvol.1
~生誕100年、山田一雄メモリアル・コンサートをもちまして終了となりました。
本当に沢山の方にご覧いただき大変嬉しく思っております。
実は、展示自体は、好評につき、今月末まで続くこととなりました。
みなとみらいホールへご入場の際は、ぜひ、3階ホワイエにお立ち寄りください!

s20120903-DSC_8474.jpg
(メモリアルコンサートでは、美しい歌声でお父様の曲を歌い観客を魅了した
 山田英津子さんと御秩子夫人)



さて、長野県茅野では、今年も寿齢讃歌の写真展が始まります。
『人生のマエストロ 寿齢讃歌~写真展Ⅶ』

img578.jpg

木之下がライフワークとして関わるこの写真展。
7回目の今回は、北海道を始め、全国から103名の方に155点の応募がありました。
どの写真もお年寄りを見事に称え、そのレベルも年々上がっていることを
木之下も大変喜んでおり、ぜひ、多くの方にご覧いただければと思います。
そして、今回もNPO法人サポートC(茅野市美術館サポーター 美遊com.)の皆さんと
協働で写真展を迎えられました。美遊com.のみなさん、ありがとうございます!
今週末は木之下も会場へ伺います。
皆様との再会を楽しみにしています。

■会期:2012年9月15日(土)~30日(日)
■会場:茅野市美術館 企画展示室 
■開館時間:10:00~18:00 (初日は10:00から開展式を行ない、終了次第開場)
■休館日:毎週火曜日 
■入場無料
■主催:茅野市美術館、茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
■企画制作:NPO法人サポートC 美遊com.
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/0502/index.htm



コチラも併せてご覧いただけると幸いです。
平成24年度 茅野市美術館 常設展 第2期収蔵作品展
『歩み始めた道』

chino 2012


この作品展では、茅野市美術館の収蔵作品の中から、
8人の洋画家、3人の彫刻家、1人の写真家の
20代から30代まで作品が展示されます。
各人、芸術の道を歩み始めたともいうべき時代の作品が並ぶ中、
木之下の作品はカルロ・マリア・ジュリーニなど、
12点が展示される予定です。
寿齢讃歌の写真展と期間が重なりますので
ぜひ一緒にご覧ください。

■会 期:平成24年9月5日(水)~10月22日(月)
■会 場:茅野市美術館 常設展示室
■展示作家:中川紀元、小堀四郎、田村一男、中尾彰、矢崎牧廣、矢崎博信、
篠原昭登、高橋靖夫、藤井浩佑、武井直也、立川義明、木之下晃
■開館時間/9:00-19:00
■主 催:茅野市美術館
■休館日/毎週火曜日(ただし火曜日が祝日の場合は、その直後の休みでない日)
■観覧料/無料
■問合せ:茅野市美術館(茅野市民館内) Tel.0266-82-8222
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/0905/index.htm

プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR