2013 国際音楽祭NIPPON

諏訪内晶子氏が芸術監督をつとめた
国際音楽祭NIPPONのすべてのプログラムが終了し、
音楽祭は幕を下ろしました。

≪Top & Fresh≫
≪Introduction & Education≫
≪World, Art & Heart≫

これが、諏訪内氏が10年以上温めていた音楽祭のコンセプト。

同世代の音楽家との共演と現代の作品の紹介、
次の世代を担う音楽家の育成、
音楽と美術の融合、そして東日本大震災の被災地支援…
音楽祭では、素晴らしい音楽家とスタッフが結集して
彼女の夢が見事、形になりました。

木之下が公式カメラマンとして記録した音楽祭の様子を、改めてここにご紹介します!

2月2日、初日の様子はすでにお伝えしましたので
2月9日のプログラムから…

◆2月9日 (横浜みなとみらいホール 大ホール)

『作曲者サロネンが自作を語るレクチャー&シンポジウム』
今回、サロネンの作品を日本初演するにあたって、
作曲家の西村朗氏を迎えて開かれたレクチャーとシンポジウム。
サロネンが自作の曲想を彼女の演奏で解説しました。

sDSC_5998.jpg
sDSC_6013.jpg


『諏訪内晶子が弾く、フィンランドの2大協奏曲』
夜のフィルハーモニア管弦楽団とのコンサートでは
サロネンとシベリウス、
フィンランドで生まれた2つのヴァイオリン協奏曲を
サロネンの指揮、諏訪内のヴァイオリンで味わうことができました。

sDSC_6219.jpg



◆2月11日~2月13日 (横浜みなとみらいホール 小ホール)

『公開マスタークラス』
実は諏訪内氏が国内でマスタークラスを開くのは初めてのこと。
受講生への惜しみないアドバイスで、彼らの演奏はどんどん輝きを増していきます。

sDSC_6502.jpg
sDSC_6535.jpg



◆2月12日 (横浜みなとみらいホール 大ホール)

『0歳児から聴くコンサート』
沢山のママと子供たちが集まりました!
座席ではなく、ステージで聴くという発想も素晴らしいですね。
子供たち、リラックスして気持ちよさそうです♪

sDSC_6381.jpg

ホールのホワイエにはベビーカーがズラリ。
この様子を見た諏訪内氏も感動していました。

sDSC_6372.jpg


◆2月14日 (仙台・電力ホール)

『諏訪内晶子&Friends 仙台チャリティ・コンサート』
スケジュールの都合で木之下は仙台へは同行できませんでしたが、
この演奏会の収益は桃・柿育英会へ寄託されました。


◆2月15日 (横浜美術館コレクション展示室)

『美術館コンサートⅠ』
音楽と美術のコラボレーション企画。
この日は光をテーマにした演奏会が無料で行われました。

sDSC_6610.jpg



◆2月16日 (横浜美術館グランドギャラリー)
『美術館コンサートⅡ・Ⅲ』
この日のコンサートも無料で公開されました。
音楽がオブジェに溶け込んでいる様子がわかります。

sDSC_6725.jpg
sDSC_6635.jpg



◆2月16日 (横浜みなとみらいホール 大ホール)
『諏訪内晶子、P・ウィスペルウェイ&江口玲 アンサンブル・コンサート』
このコンサートが、音楽祭の最終プログラムです。

sDSC_6938.jpg


この音楽祭を実現するにあたって、
自らも精力的に準備をしていた諏訪内氏。
そんな彼女の想いは、共演者に伝わり、そして聴衆へと届いていきました。
全プログラムを終えて木之下が感動を伝えると、
諏訪内氏は「女子力です!」と素敵な笑顔でおっしゃっていました。
素晴らしい女子力です。
この音楽祭が、益々発展していくことを願わずにはいられません。

sDSC_6971.jpg


木之下晃アーカイヴス








スポンサーサイト

国際音楽祭NIPPON 幕開け

諏訪内晶子芸術監督『国際音楽祭NIPPON』

諏訪内氏が10年以上構想を温めてきた音楽祭が2月2日初日を迎えました。
初日のプログラムは「諏訪内晶子&レイフ・オヴェ・アンスネス ヴァイオリンリサイタル」
沢山の観客を迎え、素晴らしい幕開けとなりました。

木之下もオフィシャルカメラマンとして記録を担当していますので、
当日の様子を少しご覧に入れます!

リハーサルの風景↓

sDSC_5729 - コピーsDSC_5706.jpg

こちらは、フォトセッション↓

sDSC_5770.jpg

そして、本番↓

sDSC_5944.jpg
sDSC_5868.jpg

今、ベートーヴェンに取り組んでいるアンスネスは
この日はじめて、ヴァイオリンソナタ「クロイツェル」を弾いた感動を語っていました。

音楽祭会期中、芸術監督諏訪内晶子氏の出発点である
1990年チャイコフスキー国際コンクール史上最年少優勝を
木之下がドキュメントした秘蔵写真が会場に展示されています。
監督として、忙しく動き回る諏訪内さんですが、
展示風景も改めてご覧になってくれました!

sDSC_5822.jpg

横浜みなとみらいホール・エントランスにモノクロの写真が10点、
現在音楽祭オフィシャル・カフェとして営業中の横浜美術館カフェ壁面に
カラー写真8点が展示されています。
諏訪内氏が世界のヴァイオリニストになった瞬間を、会場で是非ご覧ください。

国際音楽祭NIPPONは、この後16日(土)まで
横浜 横浜みなとみらいホール・横浜美術館・仙台 電力ホールを会場に開催中。
詳しいスケジュールは公式ホームページでご確認ください。
http://www.festivalnippon.com/






プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR