木之下晃追悼作品展と『お別れの会』と日本カメラ4月号

木之下晃 追悼作品展 『マエストロ -世界の音楽家-』

sony card

3月20日(金)~4月1日(水) 入場無料
ソニーイメージングギャラリー 銀座(ソニービル6F)
http://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/?j-short=imaging/gallery/

今年1月12日に他界した木之下晃を追悼する写真展が始まりました。

ひたすら音楽写真にこだわり、
ひたすらフィルムにこだわり、
ひたすらプリントにこだわってきた、写真家・木之下晃の足跡を
なんとかこの機会に多くの方に見てもらおうと、
ソニーイメージングギャラリーを初め、多くの方が動いてくださいました。

会場には木之下の集大成である写真集『The MAESTROS~世界の音楽家』(小学館刊)
から選んだ作品を中心に約30点が、銀塩プリントで並んでいます。

追悼展 ソニーギャラリー1 追悼展 ソニーギャラリー

また、SONYの4Kモニターを使って、
華やかなオペラハウスなど『世界の劇場』シリーズをご覧にいれます。
贅を尽くした劇場の数々が、4Kモニターを通して美しく映し出され、
ライトボックスを通してポジフィルムを見ているような輝きです。
4Kモニターと『世界の劇場』シリーズの相性がこんなに素晴らしいものとなるとは、
フィルムを使って撮影していた本人が一番驚いているかもしれません。
本人にも見せてあげたかった…と、スタッフ一同感じております。

さらに、同じモニターを使った木之下本人の追悼もございます。

小さな会場ではありますが、故人の想いが多くの方に届くように展示を行いました。
期間中、銀座を訪れることがありましたら、ぜひとも、お立ち寄りください。

『木之下晃 お別れの会』について

この度、有志の方による『木之下晃 お別れの会』が
4月24日(金)14:00-16:00
サントリーホールブルーローズ(小ホール)におきまして
会費制にて執り行われることとなりました。
事務局で把握できた交友関係の皆さまには、すでにご案内を差し上げましたが、
お世話になった皆さま全てにお届けできていないかもしれません。
ご参会いただける方がいらっしゃいましたら、
『木之下晃 お別れの会』事務局(株式会社芸術現代社内)までご一報くださいませ。
お問い合わせ先:芸術現代社 TEL 03-3861-2159


日本カメラ4月号  追悼~木之下晃『音を写す』~

nihon camera4 cover

現在発売中の日本カメラ4月号巻頭にて、
10頁に渡る木之下の追悼が掲載されています。
日本カメラ編集長の前田利昭氏、自らが監修してくださいました。
音楽家の写真、劇場の写真に加えて
1995年に神奈川県民ホールで開かれた
『木之下晃 / 音を写す』~シャッターは鋭く巨匠を射る~
という写真展の様子を掲載してくださるなど、
前田編集長以外には作れない誌面となりました。
前田氏は木之下が大変信頼していたジャーナリスト…
木之下本人も、どんなにか喜んでいると確信しております。

ちなみに、この『木之下晃 / 音を写す』は、神奈川県民ホールの展示スペース
すべてを使って1000枚の写真を展示したもので、
前田編集長は「あれは歴史に残る写真展だから」と評してくださったのです。
今回の特集のタイトルも、追悼 木之下晃「音を写す」となっています。

今回の日本カメラの追悼特集は、
どの写真も、それは印刷が美しく仕上がっていて、
写真家として、カメラ雑誌にこのような追悼を組んでもらえるのは
大変、栄誉なことと、私共も嬉しく思っております。

ぜひぜひ、お手に取ってご覧になってみてください。

木之下晃アーカイヴス



よろしければコチラからも
------------------------
スポンサーサイト
プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR