音楽の遺蹤~トゥルク・シベリウス博物館

音楽の遺蹤~トゥルク・シベリウス博物館
〓フィンランド・トゥルク〓
(『音楽の友』2008年2月号より  写真・文: 木之下 晃)

ボルグ家の墓 akira kinoshita
<ボルグ家の墓>

 シベリウスをより深く知るために、
トゥルク市にある「シベリウス博物館」を訪ねてみることをおすすめする。
 シベリウスの父方の祖母は、このトゥルクに生まれたスウェーデン人で、
彼女の父親マティアス・オールベイは医師だったが、
チェロとヴァイオリンの名手でトゥルク音楽協会のメンバーとして演奏していた。
また、シベリウスの母のマリア・シャルロッタは、1841年にトゥルク市で生まれた。
父親のガブリエル・ボルグもトゥルク出身のスウェーデン人神父であった。
このようにシベリウスにはスウェーデン人の血が流れていて、
トゥルクはシベリウスのルーツのひとつである。

SIBELIUS MUSEUM by Akira KINOSHITA
<トゥルク・シベリウス博物館>

 トゥルクはヘルシンキから北北西へ165キロのところにあるフィンランド最古の街。
1812年ヘルシンキに移るまでの首都だったところで、その歴史的背景を少し説明したい。
 1155年、スウェーデンはイギリス出身のヘンリク司教率いる
第1回十字軍をフィンランドに派遣して領土とした。
スウェーデン国王エーリク9世が“オーボ”と名付けて首都としたのが現在のトゥルクである。
1280年頃に、現存するトゥルク城が建てられ、スウェーデン国王の居城とした。
16世紀にグスタフ1世・バーサ国王は、子息のヨハン3世を大公に任命。
ポーランドからカタリーナ・ヤゲローニカ王女を大公妃に迎え繁栄を誇った。
本誌1987年9月号で紹介したスウェーデンのドロットニングホルム宮殿は、
ヨハン3世が王位を継承した時に、この王妃のために建てたものである。
そしてグスタフ3世時代の1640年にトゥルク大学が創設され、
現在も大学を中心とした文化都市となっているようにスウェーデン色が強いところである。
 
 またトゥルクは宗教的にも重要な街である。
フィンランド人はヘンリ司教をフィンランド使徒と崇め、
以来カトリック教が300年余に渡って信仰の核となっている。
現在でも国民の92%以上が福音ルーテル教会に属し、8の大司教区が置かれ、
選挙で選出された司教は大統領によって任命される。
その中で伝統的にトゥルクの司教が、
全教区を統括する大司教に就任するシステムをとっている。
シベリウスの妻の父ボルグは、このトゥルク出身の神父で、
教団からハメーンリンナに派遣されていたのである。
ちなみに指揮者の故渡邉暁雄氏の父親も福音ルーテル教会の神父で、
フィンランドで修業している時に、
ヘルシンキ音楽院の学生で歌手のシーリさんと出会って結婚したのである。
シベリウスを知る時、この宗教との係わりは記憶されておくといい。

 またトゥルクには、シベリウスの父の兄であるペール・シベリウスが住んでいた。
彼は植物の種を扱う商人だったが、音楽的素養があって、ヴァイオリンを弾き、
作曲も行い、天文学にも詳しい文化人で、シベリウスはこの伯父に連れられて、
音楽会に通い、音楽への強い影響を受けたという。
 
 SIBELIUS MUSEUM 2 by Akira KINOSHITA
<シベリウスが愛用した帽子とステッキ(シベリウス博物館蔵)>

  これらの繋がりから、1968年3月に「シベリウス博物館」がトゥルクに誕生した。
この博物館はオットー・アンダーソン氏の個人コレクションを中心に、
オーボ・アカデミーの音楽コレクションをまとめて設立。
シベリウスの自筆楽譜をはじめ、書簡や各種資料に合わせて、古楽器が収集されている。
その収集資料の中で、もっとも貴重なものは、第二次大戦の折、
ドイツ軍の爆撃で焼けた「交響曲第2番」自筆楽譜である。
この焼けてボロボロになった楽譜はイタリアで日本和紙を使って、
一枚一枚裏打ちされて修復。国の文化財として保護されている。

シベリウス焼けた楽譜 by
<交響曲第2番の焼けた楽譜(シベリウス博物館蔵>


次回は、音楽の遺蹤からシベリウス・ロヴィーサの遺蹤をご紹介します。


■お知らせ■
このように写真家木之下晃はシベリウスの足跡を丁寧に辿って
撮影をしておりました。
そんな木之下が残したシベリウスゆかりの写真をご覧いただきながら
福士恭子さんのピアノでシベリウスを愉しんで頂く催しが
富士河口湖音楽祭2015のプログラムの一つとして行われます。

------------------------------------------------------
木之下晃が辿ったシベリウスの足跡 〜フォト・トーク& ピアノ〜
日時:2015年8月20日 @ 4:00 PM – 5:45 PM
会場:河口湖円形ホール
〒401-0304
山梨県南都留郡富士河口湖町河口3030
料金:一般1500円(1300円)高校生以下600円(500円)
ドリンク・お菓子付

http://ongakusai.stellartheater.jp/2015/
------------------------------------------------------

毎年、富士河口湖音楽祭には撮影に出かけ、
フォトトークも繰り拡げていた木之下晃。
今年は、本人亡き後ではありますが、ピアノの演奏と共に
写真からシベリウスを感じていただくことで
楽曲への理解も深めて頂けるよう準備を進めております。
湖のほとりにある、こじんまりとした河口湖円形ホール…
お庭からは富士山も見えます。
どうぞ遊びに来てください♪

木之下晃アーカイヴス
スポンサーサイト
プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR