音楽写真家・木之下晃展 ~写真で愉しむマエストロたち~開催中

第9回浜松国際ピアノコンクールの関連イベント
音楽写真家・木之下晃展 ~写真で愉しむマエストロたち~

10月15日、浜松市長にもご臨席いただきテープカットが行われ、
写真展の幕開けとなりました。

hamamatsu1.jpg
<左:鈴木康友浜松市長 中:木之下晃次女貴子 右:伊藤修二浜松市文化振興財団代表理事>


浜松アクトシティの市民ロビーには、
大きく引き伸ばされてガラスに展示された、ピアニスト達の姿が並びます。

hamamatsu4.jpg hamamatsu5.jpg

ロビーの雰囲気がガラリと変わり、
「写真にはこんなにもパワーがあるのか」と感じます。
一方で、写真が空間を邪魔することなく、
ピアノコンクールに寄り添うように貼られているのも、素敵なところです。
残念ながら木之下本人は、この展示を見ることができませんでしたが、
審査委員長を務める海老彰子さんや、今年の審査委員アルゲリッチさんが
この写真を見て、木之下のことを思い起こしてくださったら、
写真家にとっては一番の供養になることでしょう。

hamamatsu7.jpg

人の姿が入ると、写真の大きさ、迫力が伝わるでしょうか?

光を通して見ることで、写真の表情が変わっていくのが、
今回の写真展の魅力のひとつなのですが、
夜、ホール前の広場から見た様子が、またカッコイイのです。

hamamatsu3.jpg

木之下は生前、約100回の写真展を開きましたが、
自ら監修した最後の展示となる今回は、
このように、大変印象的なものになっています。
本人が準備期間に亡くなってしまったにもかかわらず、
素晴らしい展示を実現してくださった関係者の皆さま、
本当にありがとうございます。

展示は浜松国際ピアノコンクール最終日、12月8日まで続きます。
期間中、市民ロビーを歩く沢山の浜松の方に写真を見て頂けることと
世界中から集まるピアノコンクールの関係者の方に、
今、改めて木之下の写真を見て頂けることを大変嬉しく思います。

期間中、浜松方面へ行くことがありましたら、
ぜひ、アクトシティホールのロビーを歩いてみてください♪
(オープン時間9:00~22:00 自由に歩けるパブリックスペースです)
http://www.hipic.jp/event/07/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

茅野市美術館
収蔵作品展『音楽写真家 木之下晃』 
間もなく終了となります。

音楽写真家木之下晃

茅野市美術館は木之下晃の作品104点をコレクションしてくれていますが、
その中から約50点の作品が常設展として展示されています。
全紙に広がるオリジナルプリントの力強さを、改めて感じて頂ける展示になっています。

2015 木之下晃展

木之下の生まれ故郷での追悼展となります。
間もなく、会期が終了となります。
茅野の皆さま、諏訪の皆さま、どうぞお出かけください。
--------------------------------
日 程 2015年9月6日(日)―10月26日(月)9:00~19:00
会 場 茅野市美術館 常設展示室
休館日 火曜日(ただし火曜が祝日の場合はその直後の平日)
観覧料 入場無料
--------------------------------

http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2015/0906.html



木之下晃アーカイヴス






スポンサーサイト

音楽写真家・木之下晃展 ~写真で愉しむマエストロたち~

アジアを代表するピアノコンクールとして、
楽器の街から世界で活躍するピアニストを生みだしている
浜松国際ピアノコンクール。
9回、27年目を迎える今年のコンクールの関連イベントとして
木之下晃が撮影したピアニストの写真が会場を飾ります。

木之下展イメージ
<会場の展示イメージ>

この写真展に向けては、本人が会場に足を運び、
どのような展示がいいか自ら提案。
上のイメージのように、大きな写真をガラスに張ることで、
コンテスタントや観客だけではなく、
浜松の皆さんにコンクールの雰囲気を味わってもらいたいと
準備を進めておりました。

審査委員長を務める海老彰子さん、運営委員長を務める一柳慧さん等、
木之下が大変懇意にしていた方々が力を注いでいるコンクールということで、
想いを込めて監修をしていた昨年12月、
写真の選定を終えた3日後に木之下は倒れ、その約一カ月後に息を引き取りました。

残念なことに、本人は展示を見届けることはできませんでしたが、
事務局の方が故人の遺志を受け継ぎ、写真展を形にしてくださいます。
今回は17人のピアニストの写真を展示いたします。

写真の展示は、コンクールに先だって
10月15日から始まり、最終日の12月8日まで展示いたします。
(初日の除幕式14:00~。オープン時間9:00~22:00)

コンクール会場となるアクトシティ浜松のロビーはオープンスペース。
会期中、いつでもご覧になれますので、
木之下晃が自ら監修した、最後の、最後の写真展を
コンクールと共に、お楽しみいただけますように。

http://www.hipic.jp/event/07/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

茅野市美術館
収蔵作品展『音楽写真家 木之下晃』開催中


音楽写真家木之下晃

茅野市美術館は木之下晃の作品104点をコレクションしてくれていますが、
その中から約50点の作品が常設展として展示されています。
全紙に広がるオリジナルプリントの力強さを、改めて感じて頂ける展示になっています。

2015 木之下晃展

木之下の故郷での追悼展となります。
作品を通して、故人を偲んで頂けたら、大変嬉しく思います。

--------------------------------
日 程 2015年9月6日(日)―10月26日(月)9:00~19:00
会 場 茅野市美術館 常設展示室
休館日 火曜日(ただし火曜が祝日の場合はその直後の平日)
観覧料 入場無料
--------------------------------

http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2015/0906.html






プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR