バレエの写真

東京文化会館の公演情報誌『音脈』63号が発刊されました。

音脈063

今号のコラム「プロセニアムのスター達」にも、
木之下晃の写真が掲載されております。

掲載の写真はコチラ↓

Nina Ananiashvili(C)Akira KINOSHITA
【Nina Ananiashvili + Andris Liepa July,21 1991 Tokyo Ⓒ Akira KINOSHITA】

1991年7月21日、東京文化会館で行われた
第6回世界バレエフェスティバルで撮影した
ニーナ・アナニシヴィリとアンドリス・リエバの『海賊』からの1枚です。

木之下は、2000年代前半までは音楽だけでなく、
バレエの写真も精力的に撮っておりました。
音楽の写真に専念するため、
後進が育っていたバレエの撮影からは手を引くのですが、
「誰よりもシャッターチャンスが良い」と自認していた本人は
ダンスの写真をむしろ得意ともしておりました。

これは、本人も気に入って、オリジナルプリントにサインを遺している1枚。

Maya Plisetskaya(C)Akira KINOSHITA
【Maya Plisetskaya May 1976 Tokyo Ⓒ Akira KINOSHITA 】


マヤ・プリセツカヤの『瀕死の白鳥』
1976年5月に東京文化会館で撮影したものです。
誰が見ても、一目で、プリセツカヤの瀕死の白鳥とわかる瞬間ではないでしょうか?

プリセツカヤの他にも、
伝説のバレリーナバレリーナ、マーゴ・フォンテーヌ・アリシア・アロンソを始め、
ルドルフ・ヌレーエフ、パトリック・デュポン、ジョルジュ・ドン、シルヴィ・ギエムなど
名手たちの美しく踊る姿をフィルムに収めてあります。
さらに、往年のレニングラードバレエ団、ボリショイバレエ団、
ロンドン・ロイヤルバレエ団、パリ・オペラ座バレエ団など、
思い出の名バレエシーンの数々を撮影しました。

モダンバレエやモダンダンスについては、「動く彫刻」という視点で撮影しており、
生前のモーリス・ベジャールの来日公演は殆どをフィルムに収めました。

Sacre du Printemps(C)Akira KINOSHITA
【Béjart Ballet Lausanne "The Rite of Spring" Ⓒ Akira KINOSHITA October 1996 Tokyo】


モーリス・ベジャールバレエ団の『春の祭典』からの1枚。
「動く彫刻」という視点は感じていただけますか?

ベジャールのバレエの他にも、アントニオ・ガデス舞踊団、ローラン・プティバレエ団、
ジョン・ノイマイヤー・ハンブルグバレエ団などのモダンバレエ、
アルビン・エイリー舞踊団、ニコライダンスカンパニー、マース・カニンガムダンスカンパニーなどの
モダンダンスの写真を遺しております。

音楽の写真を見て頂くことが多い中、今号の『音脈』のように
木之下本人も大切にしていたアーカイヴから写真を選んで頂けるのは、
大変ありがたいことです。
『音脈』のデジタル版はWEB上で読むことが出来ます。
http://www.t-bunka.jp/onmyaku/063/index.html#page=1

是非ご覧になってみてください♪

木之下晃アーカイヴス



スポンサーサイト
プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR