豊田市中央図書館『木之下文庫』

豊田市中央図書館が木之下晃の著作物を
「木之下文庫」として永年保管してくださることになりました!

toyota city library

豊田市中央図書館は豊田参合館という文化施設の中にあります。
立派なコンサートホールや能楽堂も入るビルで、
開館の折には、木之下が施設の撮影を担当させていただきました。

toyota city concert hall

↑こちらは、コンサートホールのバンフレットの表紙。
ホールが素晴らしいパイプオルガンを導入した時、撮影に伺いました。
音のみならず、見た目も美しいオルガンですね。

撮影のご縁もあり、豊田市中央図書館は、
以前より木之下晃の写真集等、関連図書を、多数収蔵してくださっていましたが、
この春、豊田市中央図書館から、木之下晃の写真集などを
「木之下文庫」として永年保管をしていきます、との
嬉しいお知らせをいただきました。

フリーの写真家となる前に「私家版」として出版した
『Folk Song‘ 69』
『音楽家~音と人との対話』
この2冊を収蔵してくださっているのは、おそらく、日本でココだけです!

更に、この度、一般には流通していない追悼冊子
『音楽写真家 木之下晃—たいせつな出会い』も加えていただきました。

IMG00595.jpg

現在図書館では、数冊を補充中で、
間もなく、全著作物約40冊が「木之下文庫」として、揃う運びとなりました。

木之下とゆかりの深い愛知県。
そこに、日本で唯一、木之下晃関連図書を全て収蔵してくださっている
図書館があるというのは、当方にとっても、大変嬉しいことです。
「木之下文庫」を作ろうと動いてくださった皆さまに、心から感謝いたします。

追悼冊子『音楽写真家 木之下晃—たいせつな出会い』が収蔵されている図書館も、
国会図書館を除くと、豊田市中央図書館のみとなります。
写真家木之下晃が、どのように世界の音楽シーンを撮影するようになったのかが
写真と共に丁寧に綴られた1冊となっております。
クラシック音楽がお好きな方、写真家を目指している方などに、
ぜひ、手にして頂きたい本でもあります。
「開架」して閲覧できるようになっていますので、
お近くの方には、ぜひ、お手に取ってみてください!

木之下晃アーカイヴス








スポンサーサイト
プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR