木之下晃作品展『石を聞く肖像』開催

木之下晃作品展『石を聞く肖像』

2017年10月3日(火)~10月29日(日)
JCII フォトサロン

53 ローラン・プティ(C)Akira KINOSHITA
【Roland Petit ローラン・プティ(振付家) 1995年11月26日撮影】

「この石を見て感じたことをカメラの前で表現してください。」
被写体にタマゴのような石を渡し、
その瞬間のインスピレーションを大切に撮影を続けたポートレイト写真が、
『石を聞く肖像』のシリーズです。

1 クラウディオ・アバドⒸ Akira KINOSHITA
【Claudio Abbado クラウディオ・アバド(指揮者) 1996年10月17日撮影】

音楽写真を追求していく一方、
土門拳氏や林忠彦氏の肖像写真のような作品も残したいと考える中で、
木之下晃が辿りついたのが、このタマゴ型の石でした。
この石を被写体に渡してみると…

28 ダニエル・ハーディングⒸ Akira KINOSHITA
【Daniel Harding ダニエル・ハーディング(指揮者) 2001年11月26日撮影】

世界で活躍する舞台芸術家たちが、
こちらの想像を遥かに超える表情を見せてくれました。

一方で、ステージで輝きを放つ人物が、
意外に凡庸な姿で写っていたりもするのです。
「どちらが、本当の姿なのだろう…」
そんな想像を掻き立てられる写真群でもあります。
『石を聞く肖像』は、2009年、飛鳥新社より写真集が出版になりました。
他に類を見ない肖像写真を、創業社長である土井尚道さんが評価してくださり、
創立30周年記念として、美しい写真集に仕上げてくださいました。

34 エフゲニー・キーシンⒸ Akira KINOSHITA
【Evgeny Kissin エフゲニー・キーシン(ピアニスト) 1996年10月29日撮影】

そして、今回は、満を持して、シルバーゼラチンプリントにて、
『石を聞く肖像』を、ご覧頂けることになりました。

●会場  JCIIフォトサロン(千代田区一番町25番地JCIIビル1階 )
●期 間  2017年10月3日(火)~10月29日(日)
●開館時間  10:00 ~ 17:00
●入 場 料  無料
●休 館 日  毎週月曜日(祝・祭日の場合は開館)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/photosalon/photo-exhibition/2017/20171003.html

写真集から70数点を展示いたします。
坂本 龍一、佐渡 裕、武満 徹、トーベ・ヤンソン、モーリス・ベジャール、
ロリン・マゼール、マイヤ・プリセツカヤ、チャン・イーモウ、
ウォルフガング・サヴァリッシュ、クリスチャン・ツィメルマン……
彼らが、石を持って、どんな表現をしてくれているか、
クラシック音楽愛好家、写真愛好家、必見の作品展です。
ぜひ、会場へ見に来てください!!

44 マルセル・マルソーⒸ Akira KINOSHITA
【Marcel Marceau マルセル・マルソー(パントマイマー) 1998年9月23日撮影 】

会場では、展示作品のカタログの販売もあります。
写真集にはちょっと手が出なかった…という方にも、オススメしたい1冊です。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

木之下晃アーカイヴス













スポンサーサイト
プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR