fc2ブログ

【追悼】小澤征爾氏


Seiji Ozawa-59(C) Kinoshita Akira Archives

とうとう、この知らせが届いてしまいました。
木之下晃が最も多く撮影した音楽家のお一人、
小澤征爾さんが旅立たれました。
心からご冥福をお祈りいたします。

Seiji Ozawa6-197907 (C) Kinoshita Akira Archives

Seiji Ozawa-21 (C) Kinoshita Akira Archives

木之下とは一つ違いの小澤さん。
40代~50代は、400回以上、撮影を重ねていました。
国内はもちろん、アメリカ、ベルリン、パリ、中国……
多くの演奏に同行し、時には小澤さんの運転で移動することも。
感情が豊かで、臆せず世界へ打って出る姿勢に惹かれ、
夢中でカメラを向けていたのだと想像します。
オンの写真、オフの写真。
皆さまと写真で故人を悼んでいけたら幸いです。

Seiji Ozawa-64 (C)Kinoshita Akira Archives
今でこそ、 テレビなどの無人カメラが置かれている
このポジションでの撮影を許してくれていました。
なんという、度量の大きさでしょう。
<1980年5月5日 日比谷公会堂>

Seiji Ozawa-61 (C)Kinoshita Akira Archives
この豊かな表情。
被写体としても、どれだけ魅力的だったことか。
<1975年9月1日撮影>

Seiji Ozawa-72 (C) Kinoshita Akira Archives
ボストン・レッドソックスの大ファンでいらっしゃいましたが、
ご本人もプレー!!
<1975年6月7日 サンフランシスコ響広島公演の休演日に>

Seiji Ozawa-76 (C) Kinoshita Akira Archives
テニスも♪
<1979年8月 タングルウッド>

Seiji Ozawa-69 (C) Kinoshita Akira Archives
ベルリンでのオフショット。
ツアーメンバーと、くつろぎのひと時。

夢中でカメラを向ける中、ひとつの形になったのが、
写真集『小澤征爾の世界』(1981年講談社刊)
小澤征爾の世界
収録写真を改めて見ると、全身で音楽を紡ぐ若き日の小澤さんは、
大変に魅力的です。
2015年にケネディ・センター名誉賞を受賞されたときは、
大統領列席のもと全米中継された授賞式で、この写真集の中から、
何点も写真をご使用いただきました。
「この本の中の躍動感は、ほかの写真にはない」と式典の担当者から言っていただき、
私共も嬉しく思いました。

木之下にとっても大きな出来事になったのは、
この写真が切手になったこと。
それまで、切手の原案に写真が採用されることはなく、
写真が切手になった第一号と聞いています。
Seiji Ozawa stamp

武満徹さんの楽曲を、世界へ向けて演奏したのも、
小澤さんの大きな功績の一つではないでしょうか。
Toru Takemitsu-113(C)Kisnoshita Akira Archives
<1975年9月8日 『カトレーン』リハーサル 東京文化会館>
Seiji Ozawa-30 (C) Kinoshita Akira Archives
<1985年2月6日 新日本フィルヨーロッパ公演『ノヴェンバー・ステップス』
 ロンドン・バービカンホール>

文化大革命が終わった直後、クラシック音楽が禁止されていた中国を
ボストン響が訪問。
瀋陽で生まれた小澤さんは、万感の思いと共に、中国に降り立ちました。
Seiji Ozawa-65 (C) Kinoshita Akira Archives
<旧小沢邸前で、ご母堂さくらさん、弟幹雄さんと>
Seiji Ozawa-80sample 790319(C)Kinoshita Akira Archives
大歓迎の様子が伝わります。
Seiji Ozawa-77sample 790319(C)Kinoshita Akira Archives
中国の皆さんに、どれだけの興奮を届けたのでしょうか。

ボストン交響楽団では、追悼演奏が行われました。
スクリーンに映る在りし日の小澤さんの写真は、木之下が撮影したもの。
無題
https://www.youtube.com/watch?v=BgpLzmdtcwI

同じくボストン交響楽団ホームページ内の追悼記事にも、
木之下の写真が使用されておりました。
お互いに若く、志高く、エネルギッシュに過ごしていたからこその、写真。
木之下も天国からマエストロをねぎらっているような気がいたします。
https://www.bso.org/stories/a-tribute-to-seiji-ozawa

被写体が輝くと写真も輝く――
木之下はよく言っていましたが、
まさに、まさに、それを体現してくれたのが、小澤征爾さんでした。
どうか、安らかにお眠りください。


木之下晃アーカイヴス

2024年2月23日(金・祝)〜2024年3月3日(日)
やまと芸術文化ホール=シリウス ギャラリーにて
『音楽写真家 木之下晃写真展』が行われます。
小澤征爾さんを悼む展示も考えております。
ぜひとも、ご覧いただけたら嬉しく思います。
https://yamato-bunka.jp/hall/2023/009298.html











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR