fc2ブログ

写真展のお知らせ(やまと芸術文化ホール)

東海市芸術劇場での『寿齢讃歌』写真展に
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
魅力的な作品と出会えたことを、大変嬉しく思っております。

さて、いよいよ
2024年2月23日から、木之下晃の写真展が始まります。

kinoshita-web-1.jpg kinoshita-web-2.jpg

今回の写真展では、木之下が人生を注いで撮影した音楽家の写真と、
ライフワークとして取り組んだポートレイト写真『石を聞く肖像』、
この二つのシリーズを、同時にご覧いただきます。
木之下晃の写真展は、これまで約100回開かれていますが、
このシリーズを同時にご覧いただく展示は、初めてとなります。
音楽家の写真は、ゼラチンシルバープリントで、
『石を聞く肖像』はパネルと映像で、ご覧いただきます。

『石を聞く肖像』は、木之下が河原で拾ったタマゴのような白い石を
芸術家に渡し、そのファーストインプレッションを捉えた、
他にない、ユニークなポートレイトのシリーズです。

つまり、こんな感じ!
木之下の代表作のひとつ、アルフレード・ブレンデル。
Alfred Brendel (c) Kinoshita Akira Archives

演奏を終えたあと、『石を聞く肖像』の撮影をお願いすると……

アリフレッドブレンデル(C)木之下晃アーカイヴス

そこには、信じられないくらいの脱力感が!
このギャップを、あなたにも楽しんでもらいたいです。

☆すべての音楽家のオンとオフを見ていただくのではありません
  オンだけの音楽家やオフだけの音楽家芸術家も☆

そして、もうひとつ。
今回、緊急企画を加えることとなりました。

Seiji Ozawa on BSO (C)Kinoshita Akira Archives

マエストロ、小澤征爾さんご逝去の報を受け、
ぜひとも、写真で故人を悼みたいと関係者全員で話し合いました。
小澤征爾さんと一つ違いの木之下は
30代~40代にかけて、なんと約400回も撮影を重ねておりました。
世界で活躍を始めたエネルギッシュな小澤さん。
フリーとなり志高く撮影に取り組んでいた木之下。
この取り合わせから遺された写真は、
唯一無二のものばかり。
なにぶん、直前でしたので、小さなコーナーとはなりますが、
魅力あふれる指揮姿
世界で活躍する様子
チャーミングなオフショット
ご家族の秘蔵写真、
などを、想いを込めて展示します。

皆さまと共に、写真で故人を悼むことができれば、本望です。
(当ブログでも、マエストロを写真で追悼しました。
 ぜひ、こちらもご覧ください。)
 http://kinoshitaakira.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

思いがけず、3本柱となる今回の写真展。
神奈川県での開催となりますが、
どうぞ皆さま、お出掛けいただけますように。


日 時 2024年2月23日(金・祝)〜2024年3月3日(日)
       10:00~17:00
       ※最終入場は16:30
会 場 ギャラリー
料 金 無料
お問い合わせ 芸術文化ホール 電話.046-263-3806(9時~18時)
https://yamato-bunka.jp/hall/2023/009298.html

皆さまのお越しを心よりお待ちしております
木之下晃アーカイヴス














スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR