FC2ブログ

『クラシックの愉しみ』

音楽評論家の横溝亮一氏が単行本『クラシックの愉しみ』を上梓されました。

70年(!)に渡って音楽を評論されている横溝さんが、
今となっては伝説にもなっている数々の名演奏を、独自の視点で綴った一冊です。

単行本にまとめるにあたり私の写真を使いたいと連絡があったのが今年の1月。
横溝さんからの希望であるなら、なんとしても応えぬ訳にはいきません!
私のアーカイヴの中から今回は58点の写真を提供し、収録していただきました。
本の巻頭は『20世紀のマエストロたち』と題した写真の頁となっています。

クラシックの愉しみ

横溝さんは幼少期、父上の横溝正史氏と一緒に
蓄音機でクラシック音楽を聴いていたとのこと。
以来70年。東京新聞の音楽担当記者として、また音楽評論家として
手綱を緩めぬ評論家目線で音楽を見つめておられます。

また横溝さんはフィンランドの音楽に精通しており、
私とは1984年に指揮者の故・渡邉暁雄氏と共に
日本シベリウス協会を立ち上げた間柄です。
今回は、日本におけるクラシック音楽の貴重な記録となる著書で
ご一緒させていただき、大変嬉しく思っています。

帯には「異論・反論大歓迎!」とあります。
クラシック音楽愛好者必読の一冊かと思います。
ぜひ、お手に取ってみてください。

木之下 晃







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR