FC2ブログ

写真展と新聞連載のお知らせ

◆『第15回 すずめの会 写真展』開催中です

sTove Jansson-63blog
<トーベ・ヤンソン 1990年9月12日 フィンランド自宅兼アトリエにて>

すずめの会写真展は、日本を代表する写真家53人が、
各々1点ずつ出品して開かれる毎年恒例の写真展で、
今年は4月19日(金)~4月25日(日)まで
富士フォトギャラリー新宿で開かれています。

この会は、大竹省二さんと秋山庄太郎さんが発起人となって作られ、
木之下は第1回から参加している古参です。
なぜ『すずめの会』なのかと云うと…
いろいろなジャンルの写真家が集い
雀のお宿のようにピーチクパーチクさえずり合いましょう、という意味なのだとか!

木之下は今年はトーベ・ヤンソンさん(ムーミンの作者)をフィンランドの
自宅兼アトリエで撮影した1枚を出品しています。

名うてのカメラマン達の力作をご覧になってみてください。

img351.jpg

  『第15回 すずめの会 写真展』
  2013年4月19日~4月25日 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
  富士フォトギャラリー新宿
    住所:〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿1-10-3 太田紙興新宿ビル1F
    TEL:03-5368-2530
    http://www.prolab-create.jp/products/gallery_shinjuku.html


◆中日新聞・東京新聞夕刊『音楽写真の夢』好評連載中です!

先日は13回目までの「出会い編」をご紹介しました。
14回目からは「生い立ち編」となります。

以下、掲載予定です。(タイトルは仮)

4月25日(木)14回 暗室の魔法『戦中の小学生時代』
4月26日(金)15回 シャッターチャンスの原点『陸上競技に夢中』
4月30日(火)16回 初めての写真集作り『高校の卒業アルバム』
5月 1日(水)17回 山小屋での音楽『逆境の高校時代』
5月 2日(木)18回 写真製版との出会い『新聞社に入社』
5月 7日(火)19回 青春の登山『社内山岳会設立』
5月 8日(水)20回 出席しない大学生『日本福祉大学入学』
5月 9日(木)21回 音楽写真との出会い『労音のカメラマン』
5月10日(金)22回 最初の写真集『FOLK SONG ‘69』
5月13日(月)23回 音と映像を求めて『新人賞受賞』
5月14日(火)24回 民俗芸能への興味『茶箱一杯の未完作』
5月15日(水)25回 写真で楽譜『クリエイディブな映像』
5月16日(木)26回 音楽雑誌との出会い『編集長に育てられる』
5月17日(金)27回 音楽写真家として独立『音楽写真を切り拓く』

戦中の子供時代、父を亡くし逆境となる高校時代、
登山家になりたいと野望を抱く青春時代…
そんな中、木之下がどのようにプロのカメラマンになっていったのかを綴ってまいります。
中日新聞・東京新聞を購読している皆様、引き続きお楽しみ頂けると幸いです。

木之下晃アーカイヴス







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毎夕楽しみにしています

毎夕、連載を楽しんでいます。写真はもちろん、こう言っては失礼ですが、
お書きになる文章の温かさも素晴らしいと思います。
そういう習慣はなかったのですが、記事を毎日切り抜いています。
連載後は、掲載できなかった写真も加えて、ぜひ単行本として出版いた
だくことを希望します。

最近、思い出の音楽家の訃報が相次ぎ、残念でしょうが、木下様の益々
のご活躍をお祈りします。
写真は、その人が最も輝いていた時代の表情を記録できますので、
いいですね。

お名前失礼しました

木之下様でした。多くの写真を通じ、お名前を
よく存じ上げているつもりでしたが、失礼しました。
(ありゃりゃ)

ありがとうございます

モト様

連載の感想をお寄せくださり、ありがとうございます。
「単行本」に、というお褒めの言葉に木之下晃も相好を崩しております。

本日25日の夕刊からは、木之下の生い立ち編ということで、少し趣向が変わりますが、
また後半では撮影エピソードを披露して参りますので、
引き続きご愛読いただけますよう、お願いいたします。

「木下」→「木之下」、本人も笑っていましたよ!
わざわざ訂正してくださり、ありがとうございます!!
プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR