fc2ブログ

朝比奈隆 ブルックナー第3番

遂に、朝比奈隆氏が新日本フィルを振った、
ブルックナーの交響曲第3番のCDが、
フォンテックからリリースされました。

ASAHINA.jpg

カバーには、円熟味溢れる朝比奈さんを捉えた、
木之下の1枚を使っていただいています。

Takashi Asahina-kinoshita 78-2

朝比奈さんが、その生涯でブルックナーの第3番を取り上げた機会は、
第4番以降の交響曲(第6番を除く)と比べるときわめて少なく、
大阪フィルで6回、新日本フィルで2回、東京響で1回。
レコーディング・セッションを加えても9回だけでした。

今回のCDの音源がライブ録音された96年は、朝比奈さんが米寿を迎えた年で
ブラームス・チクルスも展開され、シカゴ交響楽団にも客演。
また、この年10月7日の東京文化会館での演奏会には、
天皇皇后両陛下の行幸啓があり、明治生まれの巨匠は、感涙されていました。

木之下は生前の朝比奈さんを、公私に渡って長く撮影してきましたが、
今回は1996年の姿を、ご紹介していきます。
在りし日の巨匠を、共に偲んでいただけたら、幸いです。

Takashi Asahina-kinoshita 83
■4月6日 東京都交響楽団 サントリーホール
(ブラームス・チクルス pf : 伊藤恵)

Takashi Asahina-kinoshita 82
■5月3日 新日本フィル サントリーホール
(ブラームス・チクルス vn : 矢部達哉)

Takashi Asahina-kinoshita 81  Takashi Asahina-kinoshita 80

■5月16日~17日 シカゴ交響楽団 シカゴ・オーケストラホール
(ブルックナー第5番)

Takashi Asahina-kinoshita 87
■6月4日 東京交響楽団 サントリーホール
(ブラームス・チクルス pf : 園田高弘)

Takashi Asahina-kinoshita 85 Takashi Asahina-kinoshita 86
■7月21日 新日本フィル サントリーホール
(ブラームス・チクルス Vn : 豊嶋泰嗣 Vc : 毛利伯朗)

Takashi Asahina-kinoshita 84
■10月7日 東京都交響楽団 東京文化会館
(ブルックナー第5番)

Takashi Asahina-kinoshita 76
■12月12日 新日本フィル 東京文化会館
(ブルックナー第3番)

米寿を迎えて、なお、凛々しい指揮姿を見せてくださっていたことを、
今回のCDの音と共に、懐かしんでいただけましたでしょうか?

最後にオマケ!
愛猫家の御大が、自宅で寛いでいらっしゃる1枚です。
朝比奈さんの写真も、まだまだご覧にいれたいものが、沢山アーカイヴされています。
これらも、またご紹介して参ります!

Takashi Asahina-kinoshita 58 1974年9月 神戸・朝比奈邸にて


木之下晃アーカイヴス

---------------------

よろしければコチラからも↓





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木之下晃

Author:木之下晃
音楽写真家木之下晃のブログです。
展覧会や出版のお知らせ、
撮影エピソードなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR